道笠の仮想通貨自動売買日記

ビットコインとFX(ドル/円)自動売買の成績を記録するブログ

ビットコインとドル/円の自動売買成績【2017年9月15日】



「BITPointのデモ口座で「MT4」のEAを使った仮想通貨ビットコイン(BTCJPY)の自動売買」と「FXブロードネットのデモ口座で「トラッキングトレード」を使ったドル/円(USD/JPY)の自動売買」の成績を記録する運用日記です。

ビットコイン自動売買 昨日の成績

まず、「MT4」のEA(Expert Advisor)「MACD Sample」を使ったビットコイン自動売買の成績です。
(5分足チャートと15分足チャートに、それぞれEA「MACD Sample」を適用しています)
チャート上の表示
C(青点)=買
d(赤点)=売

チャート(BTCJPY) 5分足表示(2017年9月15日0時~2017年9月16日0時)-MT4 PCアプリ版

チャート(BTCJPY) 15分足(2017年9月15日0時~2017年9月16日0時)-MT4 PCアプリ版

いつもは1分足チャートと5分足チャートにEAを適用していましたが、あまりにもマイナスばかりなので、5分足チャートと15分足チャートへのEA適用に変えました。

「MT4」のEAは、見たままのチャート上で自動売買処理をするようなので、チャートの時間足が変わればチャートの見た目も変わり、その見た目のチャートで自動売買を行うため、たとえば、1分足チャートと5分足チャートにEA適用をすると、それぞれの時間足チャートに沿った違う自動売買を行います。

ただ、2つのチャート上で、たまたま同じ時間に自動売買処理が行われると、バグなのか、やたらと自動売買取引回数多くなってしまうようです。

昨日9月15日の午前10時10分過ぎぐらいから、5分足チャートと15分足チャートに変えて、それまでは1分足チャートと5分足チャートだったので、午前10時までは、1分足チャートによる自動売買で取引回数が多くなっています。

昨日(9月15日)の成績は、26,144円のマイナスでした。

取引内容は、口座履歴の行数が21行で、新規の「買」か「売」と「決済」のペアで1行となっているので、21行×2=42回の売買が行われています。

利益を出せたのは5行の計25円で、残りの16行はマイナス決済になっています。

1分足チャートをなくした午前10時10分以降の取引回数は2回と、極端に少なくなりました。

口座履歴(2017年9月15日0時~2017年9月16日0時)-MT4 PCアプリ版

履歴(2017年9月15日0時~2017年9月16日0時)-MT4 スマホアプリ版
一部のみ抜粋

FXドル/円自動売買 昨日の成績

次に、FXブロードネットの「トラッキングトレード」を使ったドル/円自動売買の取引状況です。
チャート上の表示
黄緑▶=新規[買]
紫 ◀=新規[買]分の[決済(売)]
紫 ▶=新規[売]
黄緑◀=新規[売]分の[決済(買)]

チャート(USD/JPY) 5分足(2017年9月15日0時~2017年9月16日0時)-PCアプリ版

昨日(9月15日)の成績は、約44.4pips(1,331円)のマイナスでした(「1000通貨/ロット」を3ロットずつ売買)。

ここから「トラッキングトレード」の手数料(取引1回ごとに20円)を引いて、-1,331円-1,340円(20円×67回)=-2,671円が実際の利益(損失)です。

100pips(レート1円 損益3000円)マイナスになったことによる損切りロスカット)が4回発生しました。

通常は1回の自動売買で、プラスならば300円の利益ですが、午前7時4分ごろは相場の上下が激しかったために、処理が追いつかずに大きい金額の利益が出ています。

その少し前にロスカットも発生していますが……。

約定取引明細(2017年9月15日0時~2017年9月16日0時)-PCアプリ版

まとめ

ビットコインの方は負けました。
取引を開始した2017/9/6からの成績は、585,870円のマイナスとなっています。

FXの方も負けました。
月初めの2017/9/1からの成績は、約584.1pips(17,521円)のマイナスとなっています。
ここから「トラッキングトレード」の手数料(取引1回ごとに20円)を引いて、-17,521円-9,560円(20円×478回)=-27,081円が実際の利益(損失)です。