道笠の仮想通貨自動売買日記

ビットコインとFX(ドル/円)自動売買の成績を記録するブログ

ビットコインとドル/円の自動売買成績【2017年9月5日】



「BITPointのデモ口座で「MT4」のEAを使った仮想通貨ビットコイン(BTCJPY)の自動売買」と「FXブロードネットのデモ口座で「トラッキングトレード」を使ったドル/円(USD/JPY)の自動売買」の成績を記録する運用日記です。

ビットコイン自動売買 昨日の成績

まず、「MT4」のEA(Expert Advisor)「MACD Sample」を使ったビットコイン自動売買の成績です。
(1分足チャートと5分足チャートに、それぞれEA「MACD Sample」を適用しています)
チャート上の表示
C(青点)=買
d(赤点)=売

チャート(BTCJPY) 1分足を5分足表示(2017年9月5日0時~2017年9月6日0時)-MT4 PCアプリ版

チャート(BTCJPY) 5分足(2017年9月5日0時~2017年9月6日0時)-MT4 PCアプリ版

昨日(9月5日)の成績は、6,553円のマイナスでした。

取引内容は、口座履歴の行数が10行で、新規の「買」か「売」と「決済」のペアで1行となっているので、10行×2=20回の売買が行われています。

利益を出せたのは0行の計0円でした。

口座履歴(2017年9月5日0時~2017年9月6日0時)-MT4 PCアプリ版

残高-MT4 スマホアプリ版

BITPointのデモ口座は使える期間が1ヶ月間で、昨日で期限が切れました。
そのため、MT4スマホアプリ版も一部の機能が使えなくなり、昨日9月5日の「履歴」を出せなくなったため、代わりに「残高」です。

口座資金500万円からスタートして1ヶ月経過した後の残高です。
5,000,000円-3,426,303円=1,573,697円のマイナスとなっています。

ビットコイン相場の変動要因

中国でICOが禁止されて、仮想通貨全体の相場が下落しました。
しかし、その後はだんだんと相場が回復してきました。
相場が下がったとき、日本だけが買い支えていたために(?)下落傾向が緩く、日本と中国の取引所でのビットコインの価格差が7万円ぐらいあったとか?
この価格差で稼げた(アービトラージ)人もいるのでしょうか?

FXドル/円自動売買 昨日の成績

次に、FXブロードネットの「トラッキングトレード」を使ったドル/円自動売買の取引状況です。
チャート上の表示
黄緑▶=新規[買]
紫 ◀=新規[買]分の[決済(売)]
紫 ▶=新規[売]
黄緑◀=新規[売]分の[決済(買)]

チャート(USD/JPY) 5分足(2017年9月5日0時~2017年9月6日0時)-PCアプリ版

昨日(9月5日)の成績は、518.3pipsのプラス(15,549円の損失)でした(「1000通貨/ロット」を3ロットずつ売買)。

ここから「トラッキングトレード」の手数料(取引1回ごとに20円)を引いて、-15,549円-20円×29回=-16,129円が実際の利益(損失)です。

100pips(レート1円 損益3000円)マイナスになったことによる損切りロスカット)が 6回も発生しました。

約定取引明細(2017年9月5日0時~2017年9月6日0時)-PCアプリ版

まとめ

ビットコインの方は負けました
取引を開始した2017/8/6からの成績は、1,573,697円のマイナスとなっています。
昨日9月5日で、BITPointのデモ口座の1ヶ月試用期限が切れてしまったので、新たにデモ口座のアカウントを取得して、再スタートします。

FXの方も負けました。
月初めの2017/9/1からの成績は、461.2pips(13,836円)のマイナスとなっています。
ここから「トラッキングトレード」の手数料(取引1回ごとに20円)を引いて、-13,836円-20円×107回=-15,976円が実際の利益(損失)です。