道笠の仮想通貨自動売買日記

ビットコインとFX(ドル/円)自動売買の成績を記録するブログ

トラッキングトレード自動売買は1回の取引ロット数を増やせば、相対的に手数料の割合が減って利益を出せる?



「BITPointのデモ口座で「MT4」のEAを使った仮想通貨ビットコイン(BTCJPY)の自動売買」と「FXブロードネットのデモ口座で「トラッキングトレード」を使ったドル/円(USD/JPY)の自動売買」の成績を記録する運用日記です。

ビットコイン自動売買 昨日の成績

まず、「MT4」のEA(Expert Advisor)「MACD Sample」を使ったビットコイン自動売買の成績です。
(1分足チャートと5分足チャートに、それぞれEA「MACD Sample」を適用しています)
チャート上の表示
C(青点)=買
d(赤点)=売

チャート(BTCJPY) 1分足を5分足表示(2017年8月8日0時~2017年8月9日0時)-MT4 PCアプリ版

チャート(BTCJPY) 5分足(2017年8月8日0時~2017年8月9日0時)-MT4 PCアプリ版

昨日(8月8日)の成績は、39177円のマイナスでした。

取引内容は、口座履歴の行数が 295行で、新規の「買」か「売」と「決済」のペアで1行となっているので、295行×2=590回の売買が行われています。

利益を出せたのは12行の計60円で、残りの283行はマイナス決済になっています。

「口座履歴」の行が多すぎて一部しか載せていませんが、1シート(30行)×10シートにもなりました。

口座履歴(2017年8月8日0時~2017年8月9日0時)-MT4 PCアプリ版
一部のみ抜粋

履歴(2017年8月8日0時~2017年8月9日0時)-MT4 スマホアプリ版
一部のみ抜粋

FXドル/円自動売買 昨日の成績

次に、FXブロードネットの「トラッキングトレード」を使ったドル/円自動売買の取引状況です。
チャート上の表示
黄緑▶=新規[買]
紫 ◀=新規[買]分の[決済(売)]
紫 ▶=新規[売]
黄緑◀=新規[売]分の[決済(買)]

チャート(USD/JPY) 5分足(2017年8月8日0時~2017年8月9日0時)-PCアプリ版

昨日(8月8日)の成績は、 97.5pipsのプラス(975円の利益)でした(「1000通貨/ロット」を1ロットずつ売買)。

ここから「トラッキングトレード」の手数料(取引1回ごとに20円)を引いて、 975円-20円×18回=615円が実際の利益(損失)です。

100pips(レート1円 損益1000円)マイナスになったことによる損切りロスカット)発生しませんでした。

約定取引明細(2017年8月8日0時~2017年8月9日0時)-PCアプリ版

ドル/円相場の変動要因

まとめ

ビットコインの方は、やたらと取引回数が多く、100円単位のマイナスが積み重なって、万円単位で負けました。

取引を開始した8月6日からの成績は、約53284円のマイナスとなっています。

FXの方は、金額は少ないですがプラス利益でした。

取引を開始した7月3日からの成績は、約807.5pips(8075円)のプラスとなっています。
ここから「トラッキングトレード」の手数料(取引1回ごとに20円)を引いて、 8075円-20円×1154回=-21926円が実際の利益(損失)です。

1回の取引で1ロットずつしか取引していないため、手数料の占める割合が大きくなっています。
ならば、1回の取引ロット数を増やせば利益が増えることになり、単純に上記収支に当てはめると、3ロットずつ取引をしていたら、8075円×3=24225円となって、取引手数料の20円×1154回=23080円を上回ることになります。
試す価値ありです。